薄毛治療で使用される内服薬の内容

頭髪は健康に対しての直接的な影響はないので、医療機関では急性の円形脱毛症などのごく一部の症状以外は治療の対象としていませんでした。

ところが、現在では薄毛はお医者さんで治せるとテレビのコマーシャルで盛んに宣伝されています。

産経ニュースの特徴をご紹介するサイトです。

これは、主に男性の薄毛を対象としており、飲む育毛剤と呼ばれている内服薬が開発されたことが理由となっています。

この薄毛治療で使用されている内服薬は、厚生労働省による一年間の臨床試験において実に98パーセントという高確率で不変以上の効果を確認されています。

不変とは、文字通り変わらなかったということで、薄毛が進行することはなかったということになります。
さらに、この内服薬と共に薄毛治療で使用されているのがミノキシジルという成分を配合した育毛剤です。



国内でもリアップという商品が販売されています。

こちらは、発毛を促進するという内容で、特に頭頂部の薄毛に対して効果を発揮します。
飲む育毛剤とは作用するポイントが違うので、併用することも認められています。
飲む育毛剤は、脱毛原因物質の生産を抑制するという内容で、ミノキシジルは毛乳頭と毛母細胞を活性化することにより頭髪の成長を促進させます。

つまり、脱毛防止と発毛促進の両方の効果を得られるということで、かなり進行した状態からでも回復させることが可能です。

実際に薄毛治療を行ったことで、外見のイメージが一変したという人も少なくはありません。



薄毛に悩んでいる人には、おすすめできます。